Provisioning Profile がiTunesと同期すると復活してしまう件

その他 | 木曜日 7月 15 2010 5:57 PM | Comments (0)

Provisioning Profile が期限切れになって、同名で期限伸ばした場合、
端末上から消しても、iTunes と同期すると復活してしまう。
同名で複数のProvisioning Profile が存在するので、
実機に転送しても、起動直後に終了してしまい、デバッグコンソールにはGDBの通信エラーとなるので、
それだけでは原因が分からない。

run
実行中…
Ignoring pcket error, continuing…
gdb stack trace at ‘putpkt: write failed’:
0 gdb-arm-apple-darwin 0x001891a5 remote_backtrace_self + 54

ググったら、あった。

Meltdown Countdown
iPhoneからプロビジョニングプロファイル (hoge.mobileprovision)を削除する方法
http://d.hatena.ne.jp/marutanm/20081121/p1

iPhone上でprofileを削除する(設定→一般→プロファイル)
~/Library/MobileDevice/Provisioning Profiles にあるプロファイルを削除or移動する(フォルダをリネームした)
iTunesと同期する

この段階で、実機とiTunesと同期しても、復活しなくなる。
しかし、「プロジェクト設定の編集」-「コード署名ID」で
プロファイルが選べない(候補がでない)状態になる。
いったんXCodeを終了する。

落ち着いて、リネームした~/Library/MobileDevice/Provisioning Profiles を新しく作り、
必要なプロファイルだけをコピーする。
名前がおかしな場合は、ファイルの日付で判断するか、ダブルクリックしてオーガナイザで確認する。

ここでPC再起動してビルドして転送したら、また動くようになりました。
「iTunesで同期」という、開発とは直接関係ない手順がはさまるので、原因が特定しづらい。。。

iPad 3G版を予約しに行ってきました

その他 | 月曜日 5月 10 2010 1:38 PM | Comments (0)

iPad 3G版を予約するために、銀座のアップルストアに行ってきました。
9時過ぎに着いたのですが、予想通り12時前ぐらいまでかかってしまいました。
個人で買ったのですが、法人で買う場合は法人名義のクレジットカードがないと予約を受け付けてもらえないようで、困っている人もいました。

WEBでWifi版も予約してあるので、余ったら無線LAN機器と共に両親にプレゼントしようかと思っています。

iPhoneのクラッシュログ用にatosを使う場合は「-arch armv6」を付ける

その他 | 日曜日 4月 11 2010 6:17 PM | Comments (0)

iPhoneのクラッシュログ用にatosを使う場合は「-arch armv6」を付けて、
$ atos -arch armv6 -o MyTest01.app/MyTest01 0x31c63a54 0x31c17000
のように書く。

付け忘れると、
$ atos -o MyTest01.app/MyTest01 0x31c63a54 0x31c17000
atos cannot load symbols for the file MyTest01.app/MyTest01.

のようにシンボルが読み込めない。

アドレスは、例えばapplicationDidFinishLaunching から呼ばれている(左にある数字が大きい)物を指定する。
$ atos -arch armv6 -o MyTest01.app/MyTest01 0x32003e88 0x31fff000 + 20104
のように、後ろの+の数字つきでコピペすればOK。

Googleボールペンをもらいました

その他 | 木曜日 3月 11 2010 11:54 PM | Comments (0)

Googleボールペンをもらいました。
HTML5はSafariでも動くし、セキュリティを無視できれば色々楽しめそうです。
もうHTMLとは別な名前にした方がいいような気がしてきました。

やりたい事は多いけれど、集中して一つ一つを完成させたい!

iPadとSDK3.2(beta)

その他 | 木曜日 1月 28 2010 11:12 PM | Comments (0)

ついにタブレット型デバイスが公開され、
それに合わせてiPhone SDK 3.2 betaも公開されました。
詳細は他のBLOGに譲るとして、気になったのがSDKの
CTで始まる「CoreText」。
kCTRunStatusRightToLeft なんて定数もあり、電子書籍の準備を整えている模様。
あわせてUIKitもAPIが増えています。

かつては縦書きを実現するのにえらい苦労したような気がするのですが、
これで簡単に実現できるのでしょうか。

SDK3.2からSnow Lopard(OS X 10.6.2)が必須になったので、
保守的な開発者も重い腰を上げるしかなさそうです。
マシンが増えてくると累計出費もばかにならないんですよねぇ。
iPadを買う日が少し遠くなりそうです。

mosa 新年会に行ってきました

その他 | 木曜日 1月 28 2010 11:11 PM | Comments (0)

MOSA新年パーティー2010 に行ってきました。
新製品発表のその日のうちに開催!ということで、開発者同志でもなかなかの盛り上がりでした。
ミニプレゼンの中にも興味深いものがあり、「ダラダラしていられないな」と感じました。
体も頭も一つしかないので、どれからやるか考えないと・・・。

Live Commerce Ver0.1 をWindowsのXAMPP環境に入れようとして詰まった話し

その他 | 日曜日 12月 13 2009 5:50 PM | Comments (0)

LiveCommerce Ver0.1 を、WindowsのXAMPP環境に入れようとしたが、
「Live Commerce インストール 3/6」の画面で、
> ディレクトリパーミッションのチェック
> 下記ディレクトリのパーミッションを[0666]に設定してください。サーバの設定によっては0707または0777にしてください。
で、
> /application/admin_debug.log
> /application/catalog_debug.log
が、パーミッションが違うと言われた。

> $p = sprintf(“%o”, fileperms($file));
> if (substr($p, -4) == ‘0777’) {
> return true;
> }
で、ディレクトリのパーミションは40777だけど、ファイルは100666だった。
ズルっこしてチェックを飛ばしてインストール完了!
と思ったが、オンラインカタログは文字化けして見えるし、管理画面は404になっている。

電話があったので、続きはまた今度。

NSArray 内のNSStringオブジェクト を手軽にソートする

その他 | 日曜日 10月 18 2009 7:49 PM | Comments (0)

NSArray 内のオブジェクトをソートする場合、
NSString だけが入っているなら、
わざわざ比較関数を作成しなくても、以下のようにNSString のメソッドが使えます


NSArray* cNameSorted = [cName sortedArrayUsingSelector:@selector(caseInsensitiveCompare:)];

他にも、- compare: や – localizedCaseInsensitiveCompare: のように、
NSComparisonResult を返すメソッドが使えるようです。

(参考)
http://www.oomori.com/cocoafw/Foundation/NSArray/sortedArrayUsingSelector.html
http://d.hatena.ne.jp/jjj777/00000024/recID34097

東京コンテンツマーケット2009 に行ってきました

その他 | 金曜日 10月 16 2009 11:29 PM | Comments (0)

ビッグサイトで行われた、東京コンテンツマーケット2009
に行ってきました
競争力のありそうなクリエイターの方々と
お話しできたので良かったです。
併設のライセンシングアジアは企業ブースが
どこもちんまりまとまって活気があまりなかったのは気のせいかな。
20091016

秋葉原のJAM2009は時間がなくてチラッと見る程度でした。

無料アプリでもIn App Purchase が利用可能に!

その他 | 金曜日 10月 16 2009 7:21 AM | Comments (0)

今朝Appleからメールが届きました。
無料アプリ(Free Apps)として登録するアプリでも、
In App Purchase を利用可能にすることが正式に決まったそうです。

これまでは、アプリ内課金は有料アプリでしか使えなかったため、
(A)「機能限定のライト版を無料アプリで登録」、
(B)「多くの便利な機能が使えるPro版を有料アプリで登録、Delux版へのアップグレード可能」
(B+)「全機能が使えるDelux版を有料アプリで登録、アプリ内課金で追加料金を支払うとロック解除」
のように、無料アプリと有料アプリで2つに分けて登録する必要がありました。

これからは、ソースコードも一本化できるし登録も一回で済ませられるので、
管理が楽になりそうです。

今作っているアプリも、早く完成させたいです(^_^;)

次ページへ »